日本緑内障学会

事業内容

須田記念講演演者一覧

第1回
1990年
「緑内障の視野に魅せられて」
湖崎  弘(湖崎眼科)
第2回
1991年
「緑内障手術について―トラベクレクトミーか、トラベクロトミーか」
荻野 紀重(荻野眼科クリニック)
第3回
1992年
「原発開放隅角緑内障および低眼圧緑内障のNeuropathy」
岩田 和雄(新潟大学医学部眼科)
第4回
1993年
「より安全有効な緑内障手術法を求めて」
景山萬里子(東京警察病院眼科)
第5回
1994年
「より良き緑内障治療を求めて」
東  郁郎(大阪医科大学眼科)
第6回
1995年
「緑内障と超音波診断」
澤田  惇(宮崎医科大学眼科)
第7回
1996年
「初期臨床をめざして」
井上 洋一(オリンピア・クリニック)
第8回
1997年
「原発閉塞隅角緑内障―過去・現在・未来」
北澤 克明(岐阜大学医学部眼科)
第9回
1998年
「緑内障視神経萎縮の最近の話題」
塚原 重雄(山梨医科大学)
第10回
1999年
「眼圧と緑内障を巡って―総合健診データより―」
塩瀬 芳彦(塩瀬眼科)
第11回
2000年
「わが国における原発閉塞隅角緑内障診療についての考察」
永田  誠(永田眼科)
第12回
2001年
「緑内障の視神経障害機構の解明をめざして」
阿部 春樹(新潟大学医学部眼科)
第13回
2002年
「開放隅角緑内障の治療―問題と希望―」
新家  眞(東京大学医学部眼科)
第14回
2003年
「日内変動に応じた治療をめざして」
桑山 泰明(大阪厚生年金病院眼科)
第15回
2004年
「緑内障薬物療法の過去・現在・未来」
三嶋  弘(広島大学医学部眼科)
第16回
2005年
「緑内障手術-過去、現在、そして・・・」
白土 城照(四谷しらと眼科)
第17回
2006年
「前房・隅角の画像診断」
近藤 武久(兵庫県予防医学協会)
第18回
2007年
「落屑症候群と落屑緑内障の臨床―診断と治療の問題点」
布田 龍祐(日隈眼科医院)
第19回
2008年
「小児緑内障の診断と治療」
根木 昭(神戸大)
第20回
2009年
「緑内障と前房隅角」
田原 昭彦(産業医大)
第21回
2010年
「より質の高い緑内障治療をめざして」
安田 典子(東京警察病院)
第22回
2011年
「緑内障と超音波検査」
宇治 幸隆(三重大)
第23回
2012年
「視神経萎縮のメカニズムに魅せられて」
千原 悦夫(千原眼科)
第24回
2013年
「未来のより良い緑内障診療を目指して」
杉山 和久(金沢大)
第25回
2014年
「疫学調査と実地医療の視点から」
岩瀬 愛子(たじみ岩瀬眼科)
第26回
2015年
「1人の臨床医として経験した緑内障点眼薬治療の変遷」
富田 剛司(東邦大・大橋)
第27回
2016年
「緑内障から学ぶ」
山本 哲也(岐阜大)