一般のみなさまへ

報告

緑内障疫学調査

日本緑内障学会多治見緑内障疫学調査(通称:多治見スタディ)」報告

  1. 目的
     緑内障は日本における中途失明原因の上位疾患である。しかし、患者数などの実態については、身体障害者手帳の発行時の申請内容、病院統計などをはじめ、種々の臨床的な統計やさまざまな調査による緑内障患者数の報告はあるものの、「緑内障の有病率」を国際的に認知されているレベルで、科学的(疫学的、緑内障学的)に算出した報告はこの調査までなかった。日本緑内障学会は、疫学的手法に基づいた大規模な緑内障の疫学調査を計画し、年間を通じて検診が可能であること、該当地域に専門医がいること、自治体の協力が得られること、交通の便などの理由で、「岐阜県多治見市」で実施した。
  • 実施機関:日本緑内障学会・多治見市
  • 実施期間:平成12年9月~平成13年10月
  • 後援団体:財団法人日本眼科学会・社団法人日本眼科医会・財団法人日本失明予防協会・多治見市医師会・東濃地域保健所
  1. 対象者
     岐阜県多治見市に在住する40歳以上の住民54,165人から「疫学調査対象者」として完全無作為抽出法で4,000人を選出した。
  2. 方法
     一次検診において緑内障の疑い、あるいは眼疾患の疑い、判定不能例を選別し、二次検査によって診断を確定した(詳細は文献を参照)。
  3. 結果(詳細は文献を参照)
     疫学対象者4,000人のうち、期間内死亡・転出者が130人あったため対象者数は3,870人中となり、このうちの受診者は3,021人(受診率78.1%)だった。
1)疫学調査年代別参加人数(対象者数に対する参加率:%)
  男性 女性
40歳台 338(66.0) 445(82.0) 783(74.2)
50歳台 427(72.7) 532(82.7) 959(78.0)
60歳台 324(80.8) 360(87.0) 684(83.9)
70歳台 190(79.8) 238(82.1) 428(81.1)
80歳以上 55(77.5) 112(65.5) 167(69.0)
1334(73.7) 1687(81.9) 3021(78.1)

  1. 緑内障有病率
a)病型別有病率(%)
  男性 女性
原発開放隅角
緑内障(広義)
4.1(3.0-5.2) 3.7(2.8-4.6) 3.9(3.2-4.6)
原発閉塞隅角
緑内障
0.3(0.0-0.7) 0.9(0.5-1.3) 0.6(0.4-0.9)
続発緑内障 0.6(0.2-1.0) 0.4(0.1-0.7) 0.5(0.2-0.7)
早発型発達
緑内障
0.0(0.0-0.0) 0.0(0.0-0.0) 0.0(0.0-0.0)
5.0(3.9-6.2) 5.0(4.0-6.0) 5.0(4.2-5.8)
()内は95%CI

b)原発開放隅角緑内障(広義)詳細と高眼圧症有病率(%)
  男性 女性
原発開放隅角
緑内障(広義)
4.1(3.0-5.2) 3.7(2.8-4.6) 3.9(3.3-4.6)
眼圧>21mmHg
(狭義原発開放
隅角緑内障)
0.3(0.0-0.7) 0.2(0.0-0.5) 0.3(0.1-0.5)
眼圧≦21mmHg
(正常眼圧緑内障)
3.7(2.7-4.8) 3.5(2.6-4.4) 3.6(2.9-4.3)
高眼圧症 0.6(0.2-1.0) 0.9(0.5-1.4) 0.8(0.5-1.1)
()内は95%CI

c)年代別緑内障有病率(%)
  男性 女性
40歳台 2.1(0.6-3.6) 2.3(0.9-3.6) 2.2(1.2-3.2)
50歳台 3.5(1.8-5.3) 2.4(1.1-3.8) 2.9(1.9-4.0)
60歳台 5.9(3.3-8.4) 6.7(4.1-9.3) 6.3(4.5-8.1)
70歳台 10.5(6.2-14.9) 10.5(6.6-14.4) 10.5(7.6-13.4)
80歳以上 16.4(6.6-26.2) 8.9(3.7-14.2) 11.4(6.6-16.2)
40歳以上 5.3(4.1-6.5) 4.9(3.8-5.9) 5.0(4.3-5.8)
40歳以上1) 5.0(3.9-6.2) 5.0(4.0-6.0) 5.0(4.2-5.8)
40歳以上2) 4.5 4.3 4.4
()内は95%CI

1) 多治見市年齢別人口で重みづけ
2) 世界人口で調整


全緑内障年代別有病率



原発開放隅角緑内障有病率(年代別)



原発閉塞隅角緑内障有病率(年代別)

 

緑内障病型別潜在患者の割合


図表の使用にあたっては、日本緑内障学会の許可を得てください。

引用文献:

  1. The Prevalence of Primary Open-Angle Glaucoma in Japanese.: The Tajimi Study Ophthalmology 2004; 111: 1641-1648
  2. The Tajimi Study report 2: prevalence of primary angle closure and secondary glaucoma in a Japanese population. Ophthalmology 2005; 112: 1661-1669
  3. 日本緑内障学会多治見疫学調査報告書,2012,日本緑内障学会