• 学術集会のご案内
  • 緊急時の緑内障治療について
  • 日本緑内障学会多治見疫学調査資料
  • 世界緑内障週間 ライトアップinグリーン運動
  • 海外学会情報
  • 緑内障診療ガイドライン

9th World Glaucoma Congressと第32回日本緑内障学会関連のお知らせ

日本緑内障学会がLocal Hostを務める9th World Glaucoma Congressと第32回日本緑内障学会関連のお知らせをここにまとめています。
参加予定の方はご一読ください。(バナーをクリックしてください)

WGC2021
第32回緑内障学会

※第32回日本緑内障学会は、WGCとは別日程の2021/9/10-12に独立して開催します。


理事長あいさつ

日本緑内障学会理事長 相原 一
日本緑内障学会理事長相原 一

日本緑内障学会はその前身として昭和36年から続いてきた日本臨床眼科学会時の緑内障グループディスカッションと昭和45年から始まった日本緑内障研究会が発展的に解消されて平成元年に発足した学会です。平成の時代を経て、令和2年で32年目に入り、現在学会員数は2200人を越えております。緑内障は、日本の中途失明原因の第一位であり、また世界的に見ても白内障に次いで第二位で、日本では40歳以上では5%の有病率で20人に1人の身近な疾患です。適切な治療を受けなければ失明に至る疾患で、特に日本の高齢社会では今後益々疾患の重要性が浮き彫りとなってくることと思います。

お知らせ

一般のみなさまへ

会員のみなさまへのお知らせ

ページTOP